手術で目の下のたるみを消せる|悩んでいたのが嘘のようになる

ウーマン

美容外科で利用可能な施術

注射器

ボトックス注射の施術を行なった際には、注射を打った当日のアフターケアを十分に行っておくことが大切です。飲酒や入浴、運動などは控えておいた方が良いです。しわの改善やエラの治療、小顔にしたいときに有効な施術です。わきの下にボトックス注射を行うことで、多汗症を治療する効果もあります。

詳しくはこちら

アンチエイジングと整形

女医

美容整形をすることで、容姿を理想に近づけて自分に自信を持てるようになります。リスクや副作用が気になる場合には、医師とのカウンセリングでしっかりと確認をしましょう。若返り治療などに用いられるヒアルロン酸注射は、副作用の心配が少なく手軽にできるため人気があります。

詳しくはこちら

まぶたの疾患の改善策

目

眼瞼下垂はまぶたが上がりにくくなる疾患で、外見が悪くなってしまいます。しかし、手術を受ければ治ります。手術は日帰りで受けることも可能です。眼瞼下垂の治療は保険適用が認められていますが、すべての治療を保険適用外としている医療機関もありますので、保険適用を前提で治療を受けるつもりなら、注意すべきです。

詳しくはこちら

老化に伴う悩み

横を向いている人

目元の悩み

加齢に伴って目の下のたるみに悩みを持つが増えてきます。この目の下のたるみには、いくつかの原因がありますが、主に挙げられるのは、顔全体がたるんでくることの原因としても挙げられるヒアルロン酸やコラーゲンの減少による、いわゆる老化に伴うものです。また、目の周りの脂肪が前に押し出されて起こる眼窩脂肪のふくらみも原因の1つに挙げられます。この眼窩脂肪はふくらみの下に影を作ることから、クマが目立つ原因の1つとしても挙げられます。このように、目の下のたるみにはいくつかの原因が考えられるのです。そして、この目の下のたるみをとる方法にもさまざまな方法が挙げられますが、その中でも手術を受けて治療する方法があります。

治療による改善

先に述べたように、目の下のたるみを改善するためには手術という方法があります。手術と言ってもメスを使うものではなく、最近ではヒアルロン酸注入やメスを使わずにたるみをとる方法が人気となっています。たるみ部分の脂肪を除去するためにメスではなく、注射器を利用する方法では、顔の表面に傷口が残ることがない上、短時間での手術が可能な点が人気の理由です。また、そのほかもまぶたの裏側から脂肪除去を行うことで表面には傷がつかず、ダウンタイムが少ない手術も人気となっています。このように、顔の表面に傷をつけずにたるみをとる方法が人気となっています。その中で、どこで治療を受けるかは自分に合う合わない、また医師の腕もありますので、しっかり調べてから行うことが良いでしょう。