美容外科で利用可能な施術|手術で目の下のたるみを消せる|悩んでいたのが嘘のようになる

手術で目の下のたるみを消せる|悩んでいたのが嘘のようになる

女性

美容外科で利用可能な施術

注射器

入浴や飲酒は控えよう

ボトックス注射はあくまでも美容施術ですので、その後の対応をしっかりとしておくことが重要です。施術前には必ず美容外科の担当医によるカウンセリングを受けますので、飲酒や入浴、運動などについて説明してもらっておくことが理想的です。ボトックス注射の施術の当日は、シャワーを浴びることは可能ですが、注射を打った部位にシャワーを当てないように気を付けることが大切です。入浴やサウナは施術の当日に行うことができますが、注射をした部分が内出血や腫れが現れているときには控えておくことがおすすめです。ボトックス注射の施術を受けた日のうちには、お酒を飲まないようが良く、血流が良くなりすぎて痛みが出てくることがあるために注意しておいたほうが良いです。

多汗症の治療に有効です

美容外科で行われているボトックス注射はエラが気になるときや、しわの改善、小顔にしたいときなどに役立ちます。ボトックス注射が有効なのはしわやほうれい線などを改善するときで、筋力を弱める作用があるために、しわが出きることを防げます。ボトックス注射の活用方法として、多汗症やわきがの治療に使う方法があります。ボトックス注射には神経伝達を遮断する作用もあるために、わきに注射を打つことによって多汗症を軽減できます。わきの下にボトックス注射を打つことで、アセチルコリンの分泌を抑制することができるので、汗のコントロールを整えることが可能です。1回の施術を受けておくことで、効果は6か月ほど継続します。何度でも注射を打つことが可能ですので、効果が切れてきたころには再び施術を受けることになります。